To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
 

お知らせ

 
 

フェリシアについて

フェリシアという花があります。

『恵まれている』『幸福』という意味を持つ素敵な花です。

当スタジオからそれぞれの幸せや輝きを見つけ、花を咲かせて欲しいという想いからこの名をつけました。

踊る事が楽しい!と感じる先に、喜びや情熱、夢を抱き、努力、想像力、思いやり、自分に勝つ強さなど、心身共にバレエを通して養える様々な想いや経験を大切に育み、ダンサーとして人として濃く豊かに育って欲しいと願っています。

そしていつか唯一の花が咲きますように。

憧れだったバレエを始めたい子供から大人まで、美容健康の為からプロフェッショナル目指すクラスまで、それぞれが成長できる場所を目指しています。

バレエスタジオの特性

①快適で安心して踊れる床

バレエダンサーにとって床は特別な存在です。

当スタジオは特殊な構造のバレエ専門床を使用。骨がまだ柔らかい小さなお子様から、プロフェッショナルを目指し長時間練習に取り組みたい生徒まで、負担がかからないよう、こだわりを持ってこの床を取り入れました。

②広く高い天井のスタジオ

伸び伸びと思いっきり踊って欲しい。踊り手としてしっかり練習が出来きますように。そんな想いから約90㎡の踊り場、3mの天井高の開放的なスタジオを構えました。

GYROTONIC®、GYROKINESIS®

特製マシンを使って行うGYROTONIC®、椅子やフロアで行うGYROKINESIS®は、様々な海外のバレエ団でも取り入れられているワークアウトです。当スタジオではこの両方を取り入れ、コアを鍛え心身を整え、踊りやすい体へと導いていきます。

④セキュリティー

お子様や女性も安心、アルソックの24時間セキュリティーシステムを取り入れ、防犯カメラも設置しています。

ジャイロキネシス®(GYROKINESIS®)とは  

元バレエダンサーのジュリオ・ホバス氏が自らのリハビリのために考案した、NY生まれのエクササイズです。円やらせんを描くような曲線的な動きと呼吸を組み合わせたボディワークです。クラスの前半は椅子に座り、ゆっくりと骨盤の状態を意識しながら背骨を中心に様々な方向へ身体を動かし、後半は、床で身体全体を動かすフロアワークを行います。関節に負担をかけない筋肉の使い方、方向性が考慮されており、無理なく体幹を鍛えながらも、柔軟性を高め、身体内部もほぐし、体の歪みを整えます。身体に「正しい使い方」を記憶させることができるので、バレエや様々な競技の技能向上の他、腰痛、肩こりなどの身体の不調の改善にも効果を発揮します。

ジャイロトニック® (GYROTONIC®)とは

ジャイロキネシス®を基本としており、特製のマシンを使用しながら行う全身運動です。プライベートセッションでマシンを使用する事により、更に効果を感じやすく、正確なトレーニングが可能です。円を描くようなしなやかな動きが特徴で、ゆったりとした呼吸に合わせて身体を動かし、関節に負担をかけずに体感を鍛え、柔軟性を高め、神経を活性化させていきます。ドイツでは医療機関と連携し、リハビリの一環として取り入れられるなど、様々な効果が認められており、近年海外ではバレエ団で常設されれている事も多く、世界の現役スポーツ選手やスーパーセレブの間でも浸透してきています。怪我や身体の不調、テクニックの向上、シェイプアップ、どんな方にも効果的です。

ジャイロキネシス
ジャイロトニック
2017-Logo-Orange-PNG-Transparent-Backrou

ジャイロトニック ®, GYROTONIC®,   ジャイロキネシス ®GYROKINESIS®  そしてGYROTONIC® & Logo Gyrotonic Sales Corp により登録商標されており、その許可と共に使用されるものです

 
 

講師プロフィール

伊藤さよ子


 

伊藤さよ子

スタジオ主宰

奈良県出身、3歳より吉田ひかるバレエ教室にてバレエを始める。
1998年 イングリッシュナショナルバレエスクール(ロンドン)入学。
2001年 カンヌ・ジュンヌ・バレエ(フランス)に入団。モニク・ルディエールに師事。
2003年 帰国後谷桃子バレエ団入団、ソリストとして活動。

クララ(くるみ割り人形)、パドトロワ/四羽の白鳥(白鳥の湖)、ペザントパドドゥ(ジゼル)、

フロリナ王女(眠れる森の美女)、第一バリエーション(ラ・バヤデール)、

その他コンテンポラリー作品の主役、ソリストなど、多数。
2013年に退団。
バレエ団と並行して2005年よりラ・ダンス・コントラステにて活動。
振付家佐藤宏、中原麻里に師事。
主な主演作品はル・ソ(シンデレラ)、ラ・シュット(カルメン)、ル・ノワール(白鳥の湖)、

Madam・B(マダム・バタフライ)、ヴィオレッタ(椿姫)、他。
2013年 武蔵野シティバレエ団公演『ロミオ&ジュリエット』では主役のジュリエット演じる。

その他様々な公演の作品に主演、出演し、クラシック、コンテンポラリーを共にこなすダンサーとして高い評価を受けている。
2015年 GYROKINESIS®, GYROTONIC®のトレーナーの資格を取得。
2015年~2018年まで宮内真理子主宰MMK東京スタジオに所属。
2016年・2017年には『札幌芸術の森バレエセミナー』にバレエに繋がるジャイロキネシス®の講師として招かれ指導にあたる。
様々な経験を生かし、チャコットや新体操、数々のスクールで後進の指導にあたる。一児の母。

mika kumon2.jpg

池上直哉
 

公門美佳

大人/上級クラス担当

名古屋市出身。幼少よりクラシックバレエを始める。塚本洋子らに師事。

ベルギー・アントワープ・ロイヤルバレエ学校(Stedelijk Institute voor Ballet Antwerpen)卒業後、

川口節子バレエ団に所属。

1999年伊藤多恵と出会い、2004年より活動の場を東京に移す。

現在は、コンテンポラリーダンス、クラシックバレエ、芝居、オペラなど、ジャンルを超えて幅広い舞台で活躍。

2019年1月にはべトナムにて「生きる Sự sống」に出演、

2017年より座・高円寺レパートリー「ピン・ポン」ピーポーさん役として、毎年全国の小学校や劇場に出演している。
そのほかの主な出演は、ダンスシアター多動式「稽古場ダンス」、黒沢美香&ダンサーズ「ダンス☆ショー」、

ラ ダンスコントラステ「SEC」、新国立劇場オペラ「罪と罰」など。

200112_SSS 0285.JPG


 

加納佑紀

講師

滋賀県出身。
9歳からバレエを始める。スターダンサーズバレエ団に入団を機に上京。現在は、ラダンスコントラステを中心に活動中。

クラスのご案内